仏像の手

仏像の手

大仏様をはじめ仏像は色々な手の形をしていますね。

 

その手の形は印相と言われるもので、ちょっとそのあたりを奈良国立博物館の展示を見ながら解説してみましょう。

施無畏与願印(せむいよがんいん)

施無畏与願印この印相は全ての如来像に用いられるもので、如来の通印とも呼ばれています。
右手は胸の前で掌を開き、左手は掌を前に向け指先を下にして開くというスタイルです。
人々の恐怖を取り除く施無畏印(右手)、また人々の願いをかなえ施しを与える与願印(左手)となっています。

施無畏与願印(せむいよがんいん)の変形

施無畏与願印(せむいよがんいん)の変形施無畏与願印の特異な例として、京都蟹満寺の如来坐像の印相です。
右手は親指と人差し指の指先をつけ、掌を外へ向けています。
左手は掌を開きながらも軽く指が曲がっているところが特徴です。

降魔印(ごうまいん)

降魔印(ごうまいん)触地印(そくちいん)とも呼ばれ、お釈迦様が瞑想中に妨害しようとした悪魔を右手を伸ばし大地に触れ降伏させた姿から成立したといわれています。写真は重要文化財の東大寺弥勒仏坐像をモデルとしています。

来迎印(らいごういん)

来迎印(らいごういん)阿弥陀如来様が衆生を極楽浄土に迎える時にあらわれる際に結ぶ印です。
親指と人差し指をあわせ右手は胸の前、左手は垂下するというスタイルが基本です。
指の合わせ方はいくつかあるようです。

仏像の手1関連エントリー

若草山
若草山からの景色はとても見晴らしが良いですよ。
奈良奥山ドライブウェイ
奈良奥山ドライブウェイ新若草山コースの動画です。
奈良国立博物館
奈良国立博物館の動画ガイドです。
奈良国立博物館のお土産
奈良国立博物館で土産を買おう!
龍村美術織物
龍村美術織物のお土産です。
仏像の手2
仏像の手、印相のご紹介です。