手向山八幡宮ガイド

手向山八幡宮手向山八幡宮は奈良若草山のふもとに鎮座する神社です。

 

その昔藤原道真が古今和歌集で「このたびは幣もとりあへず手向山 紅葉の錦神のまにまに」と詠まれたぐらい紅葉がきれいな神社です。

 

手向山八幡宮は天平勝宝元年(749年)、東大寺及び大仏を建立するにあたって東大寺の守護神として勧請された神社です。

手向山八幡宮関連エントリー

東大寺大仏殿
東大寺大仏殿を一周してみました。やはり大仏様の存在感は圧倒的です。
東大寺大仏殿中庭
世界遺産の東大寺大仏殿の前に広がる庭。芝生がとても綺麗です。
東大寺大仏殿のお土産
東大寺大仏殿のお土産です。色々あるでしょ。
二月堂のお水取り1
東大寺二月堂のお水取りはぜひ見てください。
二月堂のお水取り2
2009年最終日のお水取りの風景です。動画でお楽しみください。
東大寺転害門
東大寺転害門は国宝にも指定されている、創建当時から残る貴重な西の門です。
東大寺指図堂
東大寺大仏殿西側に位置する小さいお堂が指図堂です。
国宝正倉院(しょうそういん)
国宝正倉院はユネスコ世界遺産です。
東大寺へのアクセス|駐車場
東大寺には一般車輌の駐車場がありませんので、車でアクセスるる場合、奈良県庁周辺の駐車場を利用することをおすすめします。
東大寺へのアクセス|電車編
若草山ふもとエリア、東大寺や手向山八幡宮、春日大社への電車でのアクセス方法です。駅からは奈良観光を楽しみながら徒歩で大仏殿などを回ることをおすすめしますが、目前までバスで行くことも可能です。